告白する勇気

告白する勇気

2016年07月18日(月)7:14 AM   ブログ恋愛

おはようございます。

 

先日はお見合いが3件ありました。
素敵な出逢いとなり幸せな結婚へと繋がることを願ってます。

 

さて、
出逢いだけではなく、そのチャンスを掴むためには、皆さんにお願いがあります。

 

「あなたの気持ちを、好きな相手に伝える勇気を持ってください。」

 


恥ずかしくて出来ません。

嫌われたらへこむ。

関係を崩したくない。

色んな意見がありますね。

そこで、言えることは一つです。

 

「相手がどう思うかは、相手が決めること。」

 

相手は望んでないのでは?
俺には言われたくないでしょ?
私となんかじゃ釣り合わないんじゃない?

 

よく聞きますね。
ただ実際、相手は違うことを考えてたりもします。

 

例えばあなたが、

「好きな人にご飯を作ったら喜んでもらえるかな。」と、

素敵な想いを考えたとしましょう。

 

「でも、自分が作った料理は美味しくないかもしれないし、

人に作ってもらうのは嫌かもしれない。」と思いがちですが、

手料理を望んでるかいないかは、相手が考えることです。

 

また人が望むものって、相手自身も気づいていないことも。

 

もしかしたら、あなたが料理してるとこを手伝ってくれるかもしれません。

実は一緒に料理することがしたかったのかも。

 

または、料理の向こう側にある、あなたの気持ちを望んでいたのかもしれません。

 

となると、あなたが相手に手料理を振る舞ってみないとわからないことだらけです。

 

さらに、「あなたが相手のことを好き」という気持ちは、

こうした表現だけでは伝わらないもの。

つまり、言葉にしなければ伝わりません。

 


他にもよく聞く話では、自分が傷つかないようにして告白が出来ない。

だから、相手のことを好きになってる自分も認めたくない。

そんな風になる気持ちもわかります。

 

でもこれって、かっこいい俺、可愛い私を演じようとするから、

勝手に自分が傷ついているだけなんです。

 

こんなこと言ったら相手に幻滅されるんじゃないかとか考えちゃうと思います。

でも実際、相手はあなたの気にするところは全然見ていないことが多いです。

あなたの素敵な部分を見つめてくれてることが多いです。

そんな素敵な部分を卑屈になって、自分から隠すなんてもったいないですよね。

 

もっと自信を持っていいんです。
言葉にして表現しなければ、相手に気持ちは伝わりません。

 

「今のって、告白だったのかな、、、?」と、

思われてしまう話もよく聞きます。

 

余計な言葉はいりません。
海辺の近くの高級レストランで食事して、砂浜で店員さんを巻き込んだサプライズもいりません。

 

シンプルに。
「好きです。付き合ってください、」
これだけでいいんです。

 

しとしと降る雨の中、街の横断歩道を渡りきる時に、

「大好きです」と告白した方もいます。

 

この言葉だけで十分です。
気持ちを伝えるのに小細工はいりません。

必要なのは好きだという気持ちと勇気だけです。

 


関係を崩したくないという声もありますね。

でも、関係が変わると周りの環境も変わるので、

困るのはあなたであって、結局は自分を守ってるだけなんです。

 

大切なのは、あなたがどう想うかです。

告白したら、関係や環境は変わります。

大好きな人に毎日「好き」と表現出来ます。

それに対する反応も返ってきます。

その反応がまた嬉しくて。

こうして愛を育み、幸せな結婚へと進み、素敵なパートナーと人生を謳歌します。

 

こんな素敵で贅沢な環境。

勇気を持って相手に気持ちを伝えることでしか得られない経験です。

 

あなたが結婚を本当に望むなら、

勇気をだして一歩踏み出してみませんか??

 

伝えなければ何も変わりません。
幸せな自分になるには、勇気ある自分を出すこと。

 

大丈夫です。

みんな経験してることです。

怖いことは、言わなかった自分を一生後悔すること。

なんであの時言わなかったんだろうと。

 

人を好きになること自体、とても素敵なことです。

その想いを大切にして、言葉にしてください。

 

今、好きかも、好きだなと思う人がいるあなたは、

ぜひ勇気を持って告白しましょう!

 

新しい世界が待っています!
マリッジサンライズはいつでもあなたを応援しています。一緒に幸せを掴みましょう!

 

image



«   |   »

▼ご成婚カップルを一部紹介▼

▼お喜びの声を一部紹介▼

まずは
好きな人を見つけたい方!

【無料登録】のみでお相手探しができる
仙台恋活も覗いてみてください
▼詳しくはこちら▼